2015年04月14日

GIMBLE TRAVELER-Hands Free Travel Reading Book Holder Holds Pages Open

GIMBLE TRAVELER
Hands Free Travel Reading Book Holder Holds Pages Open


GIMBLE TRAVELER
ジンブルトラベラー
GIMBLE TRAVELER 2.jpg


折りたたみ式のブックホルダーです。

英国製みたいです。

英国では、ワンサイズタイプで大きさの固定しているものもあるみたいです。

GIMBLE TRAVELER Hands Free Travel Reading Book Holder Holds Pages Open.JPG


こちらのカラー チャコールのものは、
「カチッ」とサイズの変更ができて三段階の仕様となっています。

GIMBLE TRAVELER -charcoal.jpg

今ままで、パソコンに書籍から字の拾い読みして写しているときには、開いた本を缶詰で押さえたり、

本の積み重ねをして固定していたりしていました。

GIMBLE TRAVELER 1.jpg


このホルダーを利用すれば、書籍からの拾い読みでもとても楽にできます。

新聞から写し書きは、折り畳めますが、書籍はそれができずに苦労していました。

こちらはとても細くてコンパクトです、
そして、とてもとても、オシャレです。

書見台を使わなくても、お料理本がうまく使えるオープナーです。

畳めば ワイシャツの胸ポケットにもすんなりと収まります。


後は自分の使うシーンで調整するだけだと思います。

私の場合には、文庫や単行本からの抜き書きに仕えとして使えてて便利だと思います。

前に、ジェーン・オースチンの「高慢と偏見」「自負と偏見」の読み比べでしたが、

邦訳の比較で同じ個所を書き写して比較したことがありました、

とてもとても、面倒だったことがありました。
写し書きの途中で、本が閉じてしまうこと再三で苦労しました。

オシャレに生活を楽しめて上手く使いこなしができたらいいなと思います。

GIMBLE TRAVELER
Hands Free Travel Reading Book Holder Holds Pages Open

一般的にはこんな感じですね・・・
ブックレスト.jpg


posted by a person at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

9000マイルの約束 字幕「SO WEIT DIE FUSSE TRAGEN」と「この森で天使はバスを降りた」 The Spitfire Grill

米国映画です。
こんな映画も作っているんだなと・・・
興行成績あんまりよくないから、次回作の予算取れるのかしらといった感じです。

この森で天使はバスを降りた / The Spitfire Grill

この森で、天使はバスを降りた.jpg


全編 日本語字幕が削除されていたので、再掲載です。
広告が入っているのが残念ですが、仕方ないとご承知置き願います。


spitfire
1 かんしゃくもち、(特に女の)短気者
2 火を吐くもの(火山・大砲など)
3 スピットファイア -戦闘機- 第二次世界大戦中の英国の戦闘機



癇癪持ちのばあさんのやっているグリル(定食屋)に刑務所を出所したまだ二十歳過ぎの女性がやってくるお話。

邦題は、「この森で天使はバスを降りた」となっていてわかりやすいのかも・・・
spitfire.jpg


心にしっとりした残るものがあっていい感じの映画でした。
ではこちらは、日本語字幕の全編です。

映画 この森で天使はバスを降りた(日本語字幕) The Spitfire Grill


映画「THE SPITFIRE GRILL」(この森で、天使はバスを降りた)字幕

さて、こちらは追加の映画です。
「我が足を信じて」の映画版です。
何度かご紹介もしていました。

再掲載のために動画を探していたら見つけたので掲載してみました。

9000マイルの約束 字幕「SO WEIT DIE FUSSE TRAGEN」


実話を基に構成されていますので、迫力があります。
書籍とちょっと違っているのが、原作に忠実なのか そのあたりが不明ですけども・・・・
posted by a person at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

綴方教室 (1938年) - 山本嘉次郎

2014年04月28日
「つづり方兄妹」全編です。

音楽や映画鑑賞と読書など、ご紹介していました。

つづり方兄妹

https://www.youtube.com/watch?v=cUq7zfWcc6s

と、紹介でしたが、
動画が削除されてしまっていたので、別建てにて映画です。

製作 東宝映畫
公開 昭和13年(1938年) 8月21日
監督 山本嘉次郎 / 原作 豊田正子
出演 高峰秀子 滝沢 修 清川虹子 徳川夢声 水谷史郎
赤木蘭子 小高まさる 三島雅夫 本間敦子 宮川あき子
音羽久米子 平田久江 山形天洋 伊藤智子

制作主任は黒澤明になってました。


綴方教室 (1938年) - 山本嘉次郎



昔の生活と今の生活を比べてみて下さい。
posted by a person at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

これだけの条件を満たしているアジアの国は1945年の以前に存在はあるのか?


これだけの条件を満たしているアジアの国は1945年の以前に存在はあるのか?

「産経新聞を読んでいます」と話したら、
産経新聞は右翼系の新聞ですか?と側聞していると話されていました。

ここまでなるのかなぁ〜?との印象です。

従軍慰安婦の掲載記事の新聞の取り消しこの方の悪あがきを感じます。

新聞が新聞を右翼とか左翼とかと記事を掲載すること事態がおかしな話だと思っています。

日本の憲政が創設されて100人の首相があるなかで、
安倍首相は右翼なのですかね?

経済や紛争解決 平和の安定に貢献する国造りから考えれば、

歴代首相には、軍人からも沢山排出されている訳です。

経済学者からの首相はどれだけありましたか・・・・?

官僚から軍務官僚からの出身が殆ど、

明治維新の時からならば、武家の出身です。

外務省からなら 幣原さん。
大蔵省なら 池田さんとか宮沢さんとか

お隣の支那大陸では、アヘン戦争の脅威を自国にどう影響するかの時代でしたから・・

ロシアは対馬に脅威を与えていましたから、(ロシア艦船からの上陸部隊とかあったし・・・)

「来るならこい、話し合うぞ!!」と身構えても相手にはされませんでした。

現在のアジア情勢でも
 「来るならこい、話し合うぞ!!」と身構えても相手にはされません」といったことは変化がないようです。
 平成での朝鮮半島問題も同様です。


米国テレビドラマの「ホワイトハウス」では、バートレット大統領はノーベル賞受賞の経済学者の設定だと思いましたが、

劇中では、大統領は軍事に疎い 大統領の資格がないと何回も指摘されている有様です。
経済学者では、「国を守れない」と言われているのです。

銀行界から、「軍人では経済がわからなくて困る」とは言われないのでしょうか・・・
どうも言われないのでしょうね・・・

そんなことを自身の常識とするならば、
産経を右翼とするレッテルを貼ることがないと、自社の新聞の存在を主張できない
そのことに愚かさを感じしまうのです。

新聞を読むことは、
そこに掲載されている事実を拾っているだけです。
ひと昔前の銀行員は、「戦争があると経済が変わる、戦争があるなら産経新聞を読めと先輩は教えていた、
「戦争に強いのは産経」と 言われていたのだと思いました。

単に違うのは、朝日は自社の思惑で記事を書く、産経は明治から続いた世界の中の国の経営観で書く

従って朝日と赤旗は眉唾で読む。
産経は、国造り感から推察して過不足や勇み足があるかを計って読む。

この読み方の違いだと思います。

山本夏彦さんのコラムを高校生から読んでいたためか「新聞は眉唾で読む」のが基本なのです。

支那大陸の戦争では、
南京は国民党の治下だったはずです。
共産党の支配地域でもなく、三つ巴の戦いでしたから、国民党の損害は毛沢東共産党にとり損ではなく得です。

事件があれば宣伝をする国民党は何もなかったこととか
点ではない歴史の平面や背後関係を新聞が報道することをせず、
自社都合の「運動体」であれば、読む価値もない。

凹めば、他社をレッテルを貼ることなら「黄金のぼたん」もないのかも・・・


話はかわります。

日本を占領した軍隊は、国家経営に乗り出した。
日本の技術を持ち帰った。
米国に敵対しないように、軍備も持つ必要がない法律を制定した

これで、二度とアメリカの若者が戦争の犠牲にならないようにと・・・

国際的な政治も二度とアメリカに対抗しないようにと企てた。

だが、しかし、
誤算があった。

中国では蒋介石の政権が共産党の政権に取って代わられてしまう、

ソビエトは東欧をアメリカと敵対する勢力圏にした。
「プラハの春」は殲滅され、民主化と自由化は踏みつぶされた

そうしたアジアでは、代理戦争として朝鮮半島で国連軍が国連加盟のソビエトとそれを援助する中国軍により

ほぼ朝鮮半島を失いかけた。

連合国の主力は米軍、大隊や連隊規模の多国籍の軍隊。

国連加盟の当事国が戦争している。
主力の米軍は劣勢に際しても、アメリカ本国には原爆の使用許可を得られなかった、

アメリカ軍は旧日本軍に戦略戦術の指導を得て

失われた勢力圏と占領地を回復する
更には共産軍を押し返して排除できそうなところまで持ち返したが、

共産軍は猛烈なまき返しで戦争は膠着状況に至る。

このアジアの内戦により国王としての天皇を頂く日本は、
アメリカにとってはある程度の「自由と王室をもつ自由主義の国家」であることを痛感した。

戦備を持たない国家として存在させることは誤りであったことを認識するする。

だから軍備をして欲しい
戦車にトラック
大砲海防艦小銃など便宜供与を致しますとのこと



またアジアにおいて唯一かも・・?

選挙があって、代議士を選び
首相を選出して、省があり、役所があって
行政が存在している国家、国歌もある、

これだけの条件を満たしているアジアの国は1945年の以前に存在はあるのか?

選挙の実績がある国家、
蒋介石の軍事政権や朝鮮半島に新しく作る朝鮮民族の国家と比較して

国家の信頼度は限りなく高い

憲政があって国家運営をして、毎年国家予算の枠組みで「経営」のあった国はアジアにあったのか・・・?


どこの国の諺か出典を忘れましたが、
「政治家が国造りをしている間に、優れた料理人だけで、国をまとめることができる」

あてはめられる国はどれだけあるのかしら・・・


恥の感覚をどうれば、共有ができるのか・・・
「謙譲の美徳をもってすれば 相手の尊大さに勝てると信じる者は、誤りを犯すはめに陥る」

こんなことを考えるなら、選挙権を20才以下にする必要がどこにあるのかと思えてなりません。

近代史の試験をして合格点のある人だけ選挙権があるようにしたら・・?

制限選挙ですね・・・・

あの・・・ あくまでも冗談ですからね。




追伸
「八紘一宇」と政治家が発言したとありますが、感想です。

八紘一宇の「世界は家族」の考え方はそれはそれでいいのですが、

「日本は八紘一宇で世界に貢献するんだ」とするなら

これは否定です。 上から目線も極まりない。

イスラム教がいいから絶対だと言うのと 所違い 品違いです。

リベラルとおなじに考えます。

「僕はハンサム」と同じですと話していました。

「僕はハンサム」
「僕はリベラル」はあり得ない。

客観的な評価です。




「もったいない」もほぼ同じです。

自分で「もったいない」と考えて大事に行動するのはいいのですが、

「お前、それはもったいないぞ」とやっても共通の価値観がないとダメだと思います。

「もったいない」と黙々とやり やり遂げて、

はたから見た方から「それ いいね!!」
「どうやっているの」とならないと押しつけです。

背中を見せて下さい、顔色を諮ることさせてはいけません。

「日本の八紘一宇で貢献するんだから」となったら謙虚のかけらもないことになってしまいます。



また話はかわります。

30年以上前の話ですが、
大学の教授が、国会に呼ばれて 参考人として話しました。

「卑弥呼」は、「いよいよ卑しいと呼ぶ」だから良くないと話しました。
「戦前の右翼のお化け」と議員さんから評価があったそうです。

隣国の大国に対して、国の主が、「小生は」とか「吾輩」とかと同じで謙遜な言葉遣いであったとは理解できないのでしょうか・・・

隣国の主人に対して 国力も貧弱ならば、「そちらに敵対していませんからね・・・」とある意味では、
下から入ることでいいのではないでしょうか・・

だから必ずしも「卑弥呼」が国内の通称であったとして 臣民から「卑弥呼」と呼称していいこととはならないのではと思います。

『「卑弥呼」は、「いよいよ卑しいと呼ぶ」だから良くはない』

伊藤博文著皇室典範義解第三十一条解説は「大宝令に自親王五世と謂える是れなり。
之を上古に考うるに皇子は『みこ』と称え、皇女は『ひめみこ』と称う」と指摘 wikipediaより

支那大陸の外交文書としての「卑弥呼」が残されているだけで、
国内呼称はまた違うはずとのことで考えていいかもとの小生の感想でした。


本日もあっちこっちのお話でしたね・・・・
posted by a person at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

Russian Beauties Concert-Max Luxury/ Alecia、Lana、Olga.

Russian Beauties Concert
Max Luxury Live InTokyo

Max Luxury / Olga、Alecia 、Lana、
Alecia Tanyushina SvetaLana Kornyukh Olga Golparian
マックスラグジュアリー/オリガ、アリシア、ワーナ、
max luxuny3.jpg

オルガ・ゴルバリアン アリーサ・タニューシュナ スヴェトラーナ・コールニュフ

「太陽はひとりぼっち」でご紹介していました。
ロシアンビューティさんの三人娘 かしまし娘さんご一同です。
ちょっと気になる方々だったので、集めてみました。

Max Luxury / Olga 、Alecia 、Lana、
max luxuny.jpg


Max Luxury 代官山PV


Max Luxury / Olga  Alecia 、Lana、
max luxuny2.jpg


Call Me- Max Luxury



Let`s Twist Again / Max Luxury



Max Luxury 〜愛はこの世で最高の贅沢〜


Olga Golparian  オルガ・ゴルバリアン
オーリャさんです。
max luxuny-OLGA.jpg


L`eclisse Twist / Max Luxury



Bei Mir Bist Du Schön / Max Luxury 



Desperado / Max Luxury


Alecia Tanyushina  アリーサ・タニューシュナ
max luxuny-ALECIA.jpg


Earth / Max Luxury



Max Lux To Bee News / 素敵なあなた / Max Luxury


Sveta Lana Kornyukh  スヴェトラーナ・コールニュフ
max luxuny-LANA.jpg


Merry Christmas In Tokyo by Max Luxury (Russian beauties debuted from Tokyo)


如何ですか、とてもとてもお美しい・・・

オーリャさんです。
Olga Golparian  オルガ・ゴルバリアン
Russian Beauties.jpg

Alecia Tanyushina アリーサ・タニューシュナ
Max Luxury - Alecia.jpg


かわ-いいね!!

posted by a person at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。