「君が代」 その後です。


「君が代」 
その後です。

外国のオーケストラとかといろいろ集めてみました。


Kimigayo 1931

大藤 信郎
江戸千代紙を用いた切り絵アニメーション
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%97%A4%E4%BF%A1%E9%83%8E


- 君が代 - 龍笛独奏


《君が代》(キングレコード第一回新譜)

黒沢貞子(ソプラノ)、斉藤静子(アルト)、木下保(テノール)、内田栄一(バス)、-辻順治(指揮)、陸軍戸山学校軍楽隊
録音:1930年11月
キングレコードの記念すべきレコード第一号。


日本国歌 君が代(昭和天皇の玉音終了後の音源)





君が代〜オランダ国歌 ハイティンク / コンセルトヘボウ 1977東京

君が代〜オランダ国歌
ベルナルト・ハイティンク / アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
1977年5月19日 東京文化会館

ジョージ・セル指揮:リハーサル・イン・大阪1970 日本国歌 君が代

指揮:ジョージ・セル
演奏:クリーヴランド管弦楽団


君が代(Kimigayo)
レニングラード・フィルハーモニー交響楽団
ボストン交響楽団

@アレクサンドル・ガウク指揮レニングラード・フィルハーモニー交響楽団(1958)
cond:
Алекса́ндр Га́ук / Aleksandr Gauk
orch:
Академический симфонический оркестр Ленинградской филармонии имени Дмитрий Дмитриевич Шостаковича
Leningrad Philharmonic Orchestra

Aシャルル・ミュンシュ指揮ボストン交響楽団(1960)
cond:
Charles Munch
orch:
The Boston Symphony Orchestra


小学生900人による国歌斉唱「君が代」


如何でしょうか・・・


人が責任をもって関わるのが当然で、無責任だったり それをしないのは個人の罪だ。
posted by a person at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

1960年頃から集めてみました。 概ね1990年のMick Ronson-Sweet Dreamsまでです。


1956年のドン・ギブソンの作曲のカントリーソングです。
パッツィ・クラインが歌ってヒットもしてジェシカ・ラングの主演でパッツィ・クラインの伝記映画にもなりました。

「SWEET DREAMS」です。

こちらがその映画からです。
SWEET DREAMS - Jessica Lange performs as Patsy Cline



こちらが元歌。
DON GIBSON- Sweet Dreams 1960


カバーです。
Faron Young -Sweet Dreams 1956


こちらが、パッツィ・クラインが歌ってます。
Sweet Dreams- PATSY CLINE - 1963


こちらもカバーです。
Tommy McLain - Sweet Dreams


同様にカバー曲。
Reba McEntire-Sweet Dreams


同様にカバー曲。
Emmylou Harris & The Nash Ramblers - Sweet Dreams



同様にカバー曲。歌がありません。インストゥルメンタルです。
Roy Buchanan - Sweet Dreams



同様にカバー曲。歌がありません。インストゥルメンタルです。
The Hellecasters-Sweet Dreams


大御所 エルビス・コステロさんです。
Sweet Dreams - Elvis Costello




同様にカバー曲。歌がありません。インストゥルメンタルです。
Mick Ronson-Sweet Dreams


1956年の作曲の作品です。

1960年頃から集めてみました。
概ね1990年のMick Ronson-Sweet Dreamsまでです。

約30年間に亘るSweet Dreamsです。


おまけ
2015/04/14 に公開
Ep. 6 "Sweet Dreams" - Patsy Cline #AcapellaApril Cover - Tawnee Kendall


Tammy Wynette-Sweet Dreams


Mark Knopfler & Chet Atkins - Sweet Dreams




posted by a person at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本にとっての中国・韓国はドイツにとってはロシアとポーランドである」

音楽や映画鑑賞と読書など、ご紹介していました。

産経新聞からの転載です。

韓国からのドイツとフランスの関係を日本と韓国に比較したことでよく新聞の掲載や情報を見掛けていて、
位置付けの疑問が解消されていませんでした。

そんなとこに、こんな掲載があったので、得心した次第です。


産経新聞【正論】より
http://www.sankei.com/column/news/150416/clm1504160001-n5.html

抜粋して部分を転載しています。


「中国の金融野心と参加国の策略」  評論家・西尾幹二

-前略-

中国と韓国は果たして日本の隣国か、という疑問を述べておく。
地理的には隣国でも歴史はそうはいえない。

隣国と上手に和解したドイツを引き合いに日本を非難する向きに言っておくが、ドイツが戦後一貫して気にかけ、頭が上がらなかった相手はフランスだった。

それが「マルクの忍耐」を生んでEU成立にこぎ着けた。 

それなら同様に戦後一貫して日本が気兼ねし、頭が上がらなかったのはどの国だったろうか。

中国・韓国ではない。

アメリカである。

ドイツにとってのフランスは日本にとっては戦勝国アメリカである。

日本にとっての中国・韓国はドイツにとってはロシアとポーランドである。

その位置づけが至当である。

こう考えれば、日米の隣国関係は独仏関係以上に成功を収めているので、日本にとって隣国との和解問題はもはや存在しないといってよいのである。

以上


ひとつの側面として理解できると思いました。

細々と考えると異論はあるのかも知れませんが、

「おっ! そうか・・!」と思えて記事を読んだのも事実なのです・・・・・


中々と役に立ちそうもない事柄ばかりなのに興味深くしている次第となっています。


posted by a person at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

camille rowe  / Annette Peacock X-Dreams - This feel within

以前にも ご案内のモデルさんです。
お茶目なところが素敵です。
でも女性のお色気もあるし、個性のなせる業なんでしょうか・・・

フランスのモデルだけあって いい感じ 動画もお楽しみ下さい。
自然に笑っているその笑顔がとてもいい感じです。

女性であることを自然に楽しんでいる感があり
とても素敵に思います。
さて、その動画は・・・

camille rowe



こちらは、Diorです。
そう言えば、私の選んだ結婚指輪は、こちらでお世話になりました。
レッド・ツェッペリンが掛かっていますね・・・
Dior Homme - Robert Pattinson y Camille Rowe Anuncio HD


バカンスの風景
夏の海です。
働くことは、遊ぶことを得ることですか・・・

Seafolly Campaign 2013/14 featuring Camille Rowe



すみません、豊かな胸です。
canille rowe.jpg


美しい背中の曲線。
canille rowe2.jpg

美しい背中の曲線、さらに腰のくびれの美しさ。
canille rowe.6jpg.jpg

かわいいおへそです。
camille rowe 5.jpg

ウォーク・アバウトという映画でも同様のお写真ありました、勿論あちらは英国の女優さんでしたが・・・
背中で泳ぐ 美しい女性の構図です。
canille rowe3.jpg


人気のcamille roweさんでした。


全く前後のコンセプトは無関係ですが、おまけです。

Annette Peacock - Blood


Annette Peacock X-Dreams - This feel within


Annette Peacock - Too much in the skies



Anette Peacock - don`t be cruel


Anette Peacock`s
Elvis Presley cover of "Don`t be cruel" featuring the one and only Mick Ronson.

annette peacoke.jpg

Annette Peacock ‎– Don`t Be Cruel

Released:1978
Genre: Electronic、 Jazz, Rock
Style:Avantgarde、 Experimental
Tracklist Hide Credits

Don`t Be Cruel
Written-By – E. Presley、 O.Blackwell


こちら本家の元歌です。
Elvis Presley -- Don`t Be Cruel




如何でしたか?
posted by a person at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。