2015年08月25日

「可狂しい」生活の日々

本日もご多忙中を恐縮です。

生活環境の激変と加齢によるだらしない生活の所以か「日本の可笑しさ」を感じている日々です。
内容的には、「笑うも可」とする、「滑稽」なのかも知れないので、「少々の狂い」があるように思えてなりません。
従って「可狂しい」と書いて「おかしい」
本来的には、「疑わしい」としての「奇怪しい」なのかも知れません。

産経新聞で、黒田勝弘さんの一面掲載の社説同感する次第です。

隣国、大韓民国の大統領が中共の対日戦勝式典に出席するかも知れないとのこと・・・・

正直、「何で!!・・・・?」と考えざるを得ません。

朝鮮戦争で、中共は、義勇軍
とはいっても義勇軍の規模でなくもう主力軍で、韓国の領土に侵入してきた侵入軍です。
傀儡政権なら侵略されていた訳ではないと言い訳がたつ程、過激な介入があって、国土を焦土にされた当事国です。

法律は後で、実行がある自衛権の発動ですか・・・
北朝鮮から開戦していて負けそうになって、同盟軍でも義勇軍でも建前と本音で韓国本土を焦土にされていた当事国の中共のそれも
当時、まだ国としても存立されていな韓国が、対日戦争の戦勝パレードに参加する・・・・

その韓国は戦後は、戦争当事国でない第三国で三国人と言われて 勝った側でも負けた側でもないとされていたはず・・・

でも戦中は、日本と共に併合されていた同盟軍としての法的立場では?・・・

「是非ともお出で下さい」と呼ぶ中共という国柄も不思議ではある・・・・
そんなところを伝えて欲しいのに・・・

「伝えるべきポイントが、小学生ニュースになっていないのかしら・・・・」とお話していたので、参考まで、


如何でしたか?

中々と役に立ちそうもない事柄ばかりなのに興味深くしている次第となっています。



【から(韓)くに便り】 2015年8月23日 産経新聞
「謝罪」の要求、中国には遠慮 黒田勝弘
 終戦70年にあたって出された安倍晋三首相の「談話」は、韓国ではまるで韓国のためのものであるかのようにマスコミを中心に異様な関心が示されたが、結果的には安倍首相の“判定勝ち”だった。

 目配りと工夫がこらされた「安倍首相の歴史認識」に韓国は戸惑った。
「韓国」がなかなか見当たらなかったからだ。
しかしマスコミは日本に対しては「和解」も「寛容」も考えていないので、予定通り「自分の言葉で謝罪がない」と非難して終わった。「もう日本に謝罪を求めてもしかたない」といった“謝罪要求疲れ”を感じさせる論評も出ていたから、それだけでも安倍談話は成功だろう。

 韓国政府の公式論評が翌日に持ち越されたのも戸惑いの結果だ。
その代わり朴槿恵(パク・クネ)大統領の「8・15光復節記念演説」があったが、演説は安倍談話に対し「物足りない部分が少なくない」としながらも「謝罪と反省」の言葉を評価し、「今後、日本政府の誠意ある行動」に期待するとしている。
 「不満だが今後を見守る」というのは、韓国が対日外交で事態収拾の際によく使う言い方だ。
つまり、これまで官民挙げて熱を上げてきた安倍談話をめぐる“反日外交”が一件落着したことを意味する。

 その後すぐ韓国政府は朴大統領が9月3日に中国が行う「抗日戦争勝利70周年記念行事」に出席すると発表した。こちらは「やっぱり行くのか」と思いつつ不思議な感じがする。

 まず韓国は歴史的に中国共産党軍の“抗日戦争”とは関係ない。
戦前、中国共産党軍に加わっていたのは後に北朝鮮で金日成(キム・イルソン)政権を作った共産勢力であり、この両者は1950年からの朝鮮戦争では一緒になって韓国を侵略した。その結果、中朝は韓国打倒の「血盟関係」になったのではなかったか。

 朝鮮戦争で中国軍はソウルの南まで侵攻している。中国軍の介入で戦争は長引き韓国は膨大な死傷者を出した。中国軍が介入しなければ国連軍・韓国軍の反撃で北方に追い詰められた金日成の北朝鮮は崩壊し、南北の自由統一は実現していたかもしれない。

韓国の公式的な歴史認識でいえば中国は侵略者であり、南北統一の妨害者なのだ。
ところがその中国に対し、韓国は「謝罪と反省」など一度も要求したことがない。中国も「謝罪と反省」どころか「英雄的戦い」といってあの戦争を今も自賛している。

 92年の韓中国交正常化後、数多くの首脳会談があったが朝鮮戦争をめぐる「歴史認識」「歴史清算」「謝罪と反省」が話題になったことはない。
しばしば韓国の外交当局者に「なぜ要求しないのか」と質問したが「中国は応じないから」が答えだった。

 とすると日本への執拗(しつよう)な要求は、日本なら応じると思われているからということになる。
日本への甘え?

 朴大統領は習近平国家主席に日本の悪口をいうのではなく「中国の歴史認識」という自分たちのことを語ってほしい。
中国に言えないのなら日本にも今後、遠慮してほしい。
「歴史認識」など外交的にはいつでも棚上げするものということを確認し合ってもいいけれど。
(ソウル駐在客員論説委員)
http://www.sankei.com/world/news/150823/wor1508230012-n1.html



第二次世界大戦の参戦国
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E6%88%A6%E3%81%AE%E5%8F%82%E6%88%A6%E5%9B%BD
posted by a person at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。