2010年04月04日

サラエボの花 GRBAVICA

サラエボの花 (2006年 / オーストラリア/ドイツ )
GRBAVICA/GRBAVICA:THE LAND OF MY DREAMS

監督: ヤスミラ・ジュバニッチ Jasmila Zbanic
出演: ミリャーナ・カラノヴィッチ Mirjana Karanovic 
    ルナ・ミヨヴィッチ     Luna Mijovic

film_grbavica.jpg


2007年12月公開のボスニア・ヘルツェゴビナの映画『サラエボの花』は、戦争の犠牲となった女性の現在を描いています。


説明を読んでしまうより、まず観賞した方がしっかり観れる作品と思いますが・・・・
ここまで書いたので続けましょう・・・・

ジュバニッチ監督が、女性が人間としての尊厳を取り戻す姿を描く「これは愛についての映画である」と語っています。


 私の父は、誰なのか・・・
 なぜ、今ここにいないのか・・・

死んでしまったと聞かされていた父親について、母は娘に隠し続けてきた過去の秘密を話してしまう・・・

00a82157ef8371ba.jpg

イントロダクションにはこう書いてあります。

『 かつて母はお腹に宿った生命を恐れていた。

 しかし生まれてきた娘は大きな喜びに変わってゆく。

 あたかも娘の存在そのものが、この国の傷をいやす美しい花であるかのように・・・

 生まれた子供を腕に抱いたとき、「こんなに美しいものがこの世の中にあることを忘れていた」と感じていた・・・』

サラエボの花 GRBAVICA




ジュバニッチ監督が、女性が人間としての尊厳を取り戻す姿を描く「これは愛についての映画である」と語っています。

ヤスミラ・ジュバニッチ監督.jpg


監督さんはこんな方でした・・・

posted by a person at 16:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 株の初心者 at 2014年06月14日 11:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。