2015年02月28日

日本国憲法は、書いた当事者が説明していないから、 「ああだこうだと」解釈変えて、裏読みすることになるんです。 どこのどなたが書いている法律なのかを、国会議員でさえ承知してないのではないのですか? 起案者ご本人から解釈の説明をしてもらえば解釈論など発生しないはずです。

日本国憲法は、書いた当事者が説明していないから、
「ああだこうだと」解釈変えて、裏読みすることになるんです。
どこのどなたが書いている法律なのかを、国会議員でさえ承知してないのではないのですか?
起案者ご本人から解釈の説明をしてもらえば解釈論など発生しないはずです。

音楽や映画鑑賞と読書など、ご紹介していました。

生活に変化があって、なかなか書きたいけれど、気ののらない日々が続いていました。

そんな折に、あまりに私事な解釈なので、
暫らく封印していましたが、

最近の新聞がおかしいのか、世の中がおかしいのか・・・

私事邪推が・・・・


ちょっとこんなことの雑感です。

先の掲載からまずは入ります。

----------------------
読売新聞より転載

「首相、今の憲法低く見ている」…岡田氏が批判

民主党の岡田代表は2月6日の記者会見で、安倍首相の憲法観について「今の憲法を非常に悪くというか、低く見ている。
『さげすんでいる』というと言い過ぎかもしれないが、そういう首相の下での憲法論議は非常に危ない」と批判した。

 首相が過去に「日本国憲法はGHQ(連合国軍総司令部)の素人が8日間で作り上げた代物」と発言した点を問題視し、
改正議論に容易に応じない考えを示したものだ。  / 読売新聞

----------------------


こんな新聞記事抜粋から、
邪推のお話していたのが、




現行の憲法には、日本の国として日本人の英知を注ぎ込んでいることではない。
韓国の憲法を日本で草案作って公布したらどうなるのかと所と品を変えて考えみてはどうかと思います。
----------------------

ここは「いいね!」とある部分なら現行憲法の箇所まで潰す必要はないのだし、

他所の政党の多数はダメで、自分のところの多数はいい と考えているなら政治家とは言えなし、・・・・
----------------------

『「日本国憲法はGHQ(連合国軍総司令部)の素人が8日間で作り上げた代物」と発言した点を問題視し』とするなら

「そうではない、確かに8日間かもしれないが、人員には弁護士や学者に近い人もいた。
日本のことをどこまで理解して歴史や民族性を配慮して起草したかは不明ではあるが、世界に向けて新しい憲法の提案をした」
「しかし日本人の民意を含んでいて草案したものではない」がきちんとした反論です。

----------------------

私事的解釈をするなら、

「日本国憲法はGHQ(連合国軍総司令部)の素人が8日間で作り上げた代物」と発言は、

これ自体がリベラルな判断です。

憲法の発生過程と草案者に内容を吟味して

国際法や、近隣諸国の国家の成り立ち、国連への対応などを考慮して考えたらどうでしょうか・・・・

「日本を統治した軍事管理組織が作った憲法」ですよね・・

軍事政府の作った憲法でもあるわけですから・・・

中身に間違いないか、もっとよく調べて考えてみようとしてもいいのではないかと・・・・
----------------------




こんなことを書いていました。

賛成論が沢山あるとは思いませんが・・・

はてさて 問題の根本はどうでしたでしょうか・・・


「日本国憲法はGHQ(連合国軍総司令部)の素人が8日間で作り上げた代物」ではないんだとの説明があるならば、



書いたご本人に説明してもらえばいいのです。



勝手に9条を解釈変更しないで下さいな、

起案どうりの憲法ならこれこれこういう意味なのですと、説明してもらえばいいのです。


70年も前です、もうお亡くなりになっていたということならば、・・・・

スタッフなしのおひとりですか?

原稿や推敲もあるのでしょうし・・・


書いたなりのコンセプト、レジュメをお持ちではありませんか? 遺稿はないのですか?


保安隊が、自衛隊にと創設した時に、何で説明してくれなかったのですか?

勝手に解釈されたら困ると怒って出てくれればいいのに・・・



私事の推察、邪推では、
書いた当事者がいないから、「ああだこうだと」解釈変えて、裏読みすることになるんです。


『「いやよ、いやよ」は好きのうち』みたいなもので、解釈が違うのに、予算を使って公務員さんが右往左往しているのですから・・・

草案者の方に、ちゃんと「説明して下さい」と国会に呼んで下さい。



解釈で、変更が困る困るとなるなら、困らないように文言をきっちりすればいいのです。



「もう国軍は保持しません」と決めて自衛隊をなくすなら、



領空侵犯、領海侵犯には、保安庁や警察を使うとすればいいじゃないですかね・・・


領海侵犯を発見したら110番通報すればいいのでしょうか・・・・


沖縄近海や、小笠原近海で、違法操業があったら、

「もしもし警察ですか? 家宅侵入ならぬ、領海侵入です、日本のお魚が泥棒されています、

大至急パトカーならぬ、パトロールヘリでもいいから寄越して下さい」と電話するのです。


「警察ですか? 大変です、ミサイルが飛んできています」とかなんでしょうかね・・・・



神奈川県警も、出動チームを構築しなくてはなりません。

パトカー勤務の巡査さん 警邏係の方にも出動してもらことになりそうです。

巡査には、自衛隊員には、持ち合わせない「逮捕権」がありますからね・・・?


交番をもっと沢山増やして下さいと沖縄に駐在所をいっぱい作るんですね・・・

自衛隊は、嫌でも 交番なら沖縄の方々も安心できるのでありませんか?


在日米軍とは、セキュリティ契約です。

警備会社と契約している あれですね・・・


異常があったら、何分以内にとして現場に駆け付けしてもらいます。


出動回数あたりの追加契約条件も必要だと思います。

保守点検の費用も出てくると思いますが、自前の警備員さんよりは安くできるようにしなくてはなりません。


まずは見積もりです。

先方の言い値でやることになりそうだと、予算について国会審議が波乱万丈になりそうですね・・・・



さてさて、

「解釈がおかしい」と主張した国会議員さんは起案者憲法草案者の方とお話されているのかしら・・・・?

最近の新聞を読んでいると とても疲れます。

ご興味を頂けましたか?
posted by a person at 20:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

最近の流行、最先端は、「部分的に読むと、・・・ととられかねない、誤解を招く」です。

生活に変化があって、なかなか書きたいけれど、気ののらない日々が続いていました。

そんな折に、ちょっと最近の流行に関してです。

2月22日日曜朝刊の産経新聞です。

中学校の校長先生が、市教育委員会から注意と指摘を受けて学校で話した内容をブログ掲載したものを削除するようになったていたとの
「問題提起」の記事が掲載されていました。

「部分的に読むと史実と受け止められかねず、誤解を招く」として教育委員会の指摘があり削除されたものとなっています。


以下の線内での記事がweb上から転載した説明文です。

改行してありますが、原文の内容は、産経記事と同一と思います。



---------------------------

2月11日は建国記念日です。

 そこで、今日は日本のルーツ、日本の起源について、お話をしたいと思います。

 日本の建国は、今から2675年前の紀元前660年2月11日、初代、神武天皇が即位した日が始まりです。

 世界一広いお墓、大仙古墳で有名な、16代仁徳天皇が、ある日高台に登って遠くをご覧になられました。
すると人々の家からは、食事の準備のために煮炊きする煙が少しも上がっていないことに気付いたのです。

仁徳天皇は「民のかまどより煙がたちのぼらないのは、貧しくて炊くものがないのではないか。
都がこうだから、地方はなおひどいことであろう」と仰せられ、三年間、税を免除されました。

税を免除したために朝廷の収入はなくなり、宮殿は大いに荒れました。
天皇は衣を新調されず、茅(かや)葦(ぶき)屋根が破れ、雨漏りがして、星の光が屋根の隙間から見えるという有様でした。

 三年がたって、仁徳天皇が同じ高台に出られて、遠くをご覧になると今度は、人々の家々から煮炊きする煙が盛んに立つのをご覧になり、
その時、仁徳天皇がこのように言われたということです。

「高き屋に のぼりて見れば煙立つ 民のかまどは賑わいにけり」

そして、一緒におられた皇后に「私は豊かになった。喜ばしいことだ」とおっしゃったということです。

 皇后はそれを聞いて「陛下は変なことをおっしゃいますね。衣服には穴があき、屋根が破れているのに、どうして豊かになったといえるのですか」

すると「国とは民が根本である。その民が豊かでいるのだから、私も豊かということだ」と言われ、
天皇は引き続き、さらに三年間、税をとることをお許しにならず、六年が経過して、やっと税を課して、宮殿の修理をお許しになりました。

すると人々は命令もされていないのに、進んで宮殿の修理をはじめ、またたくまに立派な宮殿ができあがったといいます。

 この話は神話であり、作り話であるという説もあります。

しかし、こうした神話こそが、その国の国柄を示しているとも言えるのです。

 こうした天皇と国民の関係性は、何も仁徳天皇に限ったことではありません。

敗戦直後の1945年9月27日、124代昭和天皇はマッカーサーと会見をしました。

そして、その会見で昭和天皇はこのようにマッカーサーに話したのです。

  「今回の戦争の責任はすべて自分にあるのであるから、東郷や重光らを罰せず、私を罰してほしい。
ただし、このままでは罪のない国民に多数の餓死者が出る恐れがあるから、是非食糧援助をお願いしたい。
ここに皇室財産の有価証券類をまとめて持参したので、その費用の一部に充ててほしい」と述べたのでした。

  それまで、天皇陛下が、多くの国王のように、命乞いに来たのだろうと考えていたマッカーサー元帥は、この言葉を聞いて、やおら立ち上がり、陛下の前に進 み、抱きつかんばかりにして陛下の手を握り、『私は初めて神のごとき帝王を見た』と述べて、陛下のお帰りの際は、マッカーサー自らが出口まで見送りの礼を 取ったのです。

 このように、初代、神武天皇以来2675年に渡り、我が国は日本型の民主主義が穏やかに定着した世界で類を見ない国家です。

日本は先の太平洋戦争で、建国以来初めて負けました。

しかし、だからといってアメリカから初めて民主主義を与えられたわけではありません。

また、革命で日本人同士が殺しあって民主主義をつくったわけでもありません。
古代の昔から、日本という国は、天皇陛下と民が心を一つにして暮らしてきた穏やかな民主主義精神に富んだ国家であったのです。

 私たちは日本や日本人のことを決して卑下する必要はありません。

皆さんは、世界一長い歴史とすばらしい伝統を持つこの国に誇りを持ち、世界や世界の人々に貢献できるよう、一生懸命勉強に励んで欲しいと思います。


-------------------

問題はどこにあるのでしょうか・・・


個々の指摘されてたいる内容については、疑問となる部分もあるとは思います。
それならば、調べて自分の記憶を確かめて於かなければならないかと思う部分もあります。

それはそれでいいチャンスですしね・・



「今回の戦争の責任はすべて自分にあるのであるから、東郷や重光らを罰せず、私を罰してほしい」とありますが、
個々に東郷とか、重光とかの個人名を持ちだしていたと読んだ記憶は私にはありません。

有価証券の持ち込みも記憶していないので、過去の読んでいた書物での印象が薄かったのか、記載が欠落したのか・・・とのことはありました。

全体的には、わかりやすくなっていて学校の先生ならこうなのかな・・ 優しく書いてあるな・・・という印象です。


「一生懸命」は、「一所懸命」と書いて欲しかったと思うかな・・・といった程度です。


中学生向けと言うより、小学校高学年向けのような趣の印象でしたが・・・・




最近の流行、最先端は、「部分的に読むと、・・・ととられかねない、誤解を招く」です。

この文章で、全ての文章が管理できます。

ご自分で指摘したい部分だけを取り上げて、コメントできます。

先の文なら、「命乞いに来た天皇」とか、「皇室財産をマッカーサーに渡そうとした」とかと文をピックアップすることも可能です。


週刊誌のタイトル的とお考え下さい。


「何だ、読んだら違うじゃないか」と週刊誌は済みますが、

プロパガンダとして使うと違う威力を発揮します。




一昨日も、やはり産経新聞で無掲載されていた作家の曽野綾子さんの2月11日付けコラムは、

労働移民を条件付きで受け入れることを提案があり、
「もう20〜30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、
私は、居住区だけは、白人、アジア、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった」

と紹介して書いてあります。

ひとつのコミニティで、同文化、同一言語の集まりで住まうことについての利便性について示唆しています。

このコラムは、南アフリカ駐日大使が「アパルトヘイトを許容し、美化した」と抗議したと別建ての記事になっています。


ご本人は、リトル東京とか、チャイナタウンとかある利便性で、差別を前提としていない、

「国の政策や法律上で区分けをすべきとの主張ではないのか」と質問で、


「そんなこと誰が語りますか、この時代に。もう今、世界的にゲットーみたいな考え方って私、考えられないですけどね」としている。

「分けて住む」という発言は国が強制するものではなく、自発的にできる「外国人街」のようなものをイメージしてのものとのこと・・・・



「分けて住む方がいい」という部分を

「部分的に読むと、・・・と、とられかねない、誤解を招く」と最先端で流行されて指摘が物議を醸しているようです。


まあ実際として、自分の住む同じ町内に、「あっと言う間」に外国人が沢山住んだりとか、

今、済んでいるマンションの住人が、異国人で占められたりしたらと思うことは否定はできませんが・・・

カルチャーギャップはあるはずですね・・・



日中戦争の時代での中国でも、日本人街があって、その地区だけは民政が安定していて、治安がいいので中国人でも商売で成功すると日本人地区に住むのがいいとされていましたよね・・・

南京でも外国人居留地区もありましたからね・・・

通りを隔てるとそこでは20万人の虐殺があったなんてことになるのでしょうかね・・・・


ご興味を頂けましたか?
posted by a person at 12:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

懐かしい!!  こんなの如何ですか?

懐かしい!!

こんなの如何ですか?

雨/ジリオラ・チンクェッティ La Pioggia/Gigliola Cinquetti



Engelbert Humperdinck - Love Me With All Of Your Heart



Release Me - Engelbert Humperdinck



Love Me Tonight /Tom Jones




やさしく歌って/ロバータ・フラック Killing Me Softly/Roberta Flack




Elton John - Goodbye Yellow Brick Road Lyrics




Mick Ronson "White light white heat"




mick ronson-this is for you



こんなのも追加してみました。

【L`ECLIPSE】Alain Delon / Twist Instrumental Version

posted by a person at 19:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何かいろいろ たまっていたので すみません・・・・

何かいろいろ たまっていたので すみません・・・・

Petula Clark / Loss of Love



Nicki Parrott - I Will Wait For You



Henry Mancini - Sunflower 、arr.Ken-Ichi Ebe (Olga Papsheva)



Scott Walker - Loss Of Love (Theme from 「Sunflower」)



MONICA MANCINI - LOSS OF LOVE



Ray Conniff - Loss Of Love (Theme from "Sunflower") (With lyrics)



L`Officiel - Camille Rowe Pourcheresse by Mason Poole (Avril 2011)




Life On Mars - Jessica Lange -




Life on Mars - The Ukulele Orchestra of Great Britain




Elvis Costello - Gloomy Sunday (studio version)





Nemuri Kyoshiro 10 - The Ronin called Nemuri
Fencing Master (1962 Remastered) - Raizo Ichikawa
The Twilight Samurai Full Movie Eng Sub
Fencing Master (1962 Remastered) - Raizo Ichikawa

太陽はひとりぼっち
https://www.youtube.com/watch?v=fLX_ZLo3E5Y



L` Eclisse (太陽はひとりぼっち)−Colletto Tempia
https://www.youtube.com/watch?v=q-LVyTJMw1E



L`Eclisse - Mina 1962 (太陽はひとりぼっち)
https://www.youtube.com/watch?v=vCQn1DYFyYA



太陽はひとりぼっち THE VENTURES
https://www.youtube.com/watch?v=dZC0NBCP_M0



L`eclisse Twist / Max Luxury (Russian Beauties Debuted from Tokyo)太陽はひとりぼっち
https://www.youtube.com/watch?v=cPOw3WoRxWU



「太陽はひとりぼっち L`Eclisse」オリジナル・サウンドトラック、Original Soundtrack
https://www.youtube.com/watch?v=VecIyZEXsL0



棚卸しですみませんでした。


posted by a person at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

またまた 追加の「Come Wander With Me」

またまた 追加の「Come Wander With Me」

暫らく静観していた「Come Wander With Me」です。
いろいろありましたが、ちょっとダブりも入れての追加のご案内です。

Come Wander With Me - Hidden Highways


Come Wander With Me - Lutine


Anneke Van Giersbergen - Come Wander With Me





Agua De Annique - Come Wander With Me Lyrics



The Walking Dead / Come Wander with Me



Nikkie van Lierop sings come wander with me.


Sarah Hepburn - Come Wander With Me/ live at Huset 3


Duke Special/ Come Wander With Me


The Cold Rush-Come Wander With Me



おまけです。

To Catch a Thief (Anneke van Giersbergen - John Wetton )


あのJohn Wettonも入っていたので、おまけにしてみました。
posted by a person at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

Allaire Heisig


ALLAIRE HEISIG
Height 178 cm
Bust 81 cm
Waist 59 cm
Hips 86 cm
Shoes 41 EU
Hair Castaño
Eyes Azules

特に何もございませんが、ご興味あれば、ご覧下さい。

Allaire Heisig

m allaire fesig.JPG

large.jpg

allaire feisig b.jpg

-allaire_heisig-f.jpg



Allaire Heisig by Pierre Luc Moisan




uNiiB.jpg

allaireheisig.jpg

05_Allaire.jpg

allaire.jpg



タグ:allaire heisig
posted by a person at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

「人を操る禁断の文章術」を オジサン向けに読むためには・・・  中高年の為の読み方教室です。

毎度のお出ましをありがとうございます。 

音楽や映画鑑賞と読書など、ご紹介していました。

読書の分野を広げるべくしているところで、ご紹介を頂いたご本となります。

「人を操る禁断の文章術」
著者 メンタリストDaiGoさん
人を操る禁断の文章術.jpg

愚妻が、この本を積読してあるのを見掛けて、

この人 有名 話題の方とのこと。

何が何やら わかりませんが、へそまがりの世界とは世間を違っている中でのご活躍のある方のご様子です。

落手して、表紙を眺める 積読すること暫しとなり、締切もあるところとなりました。



amazonの書評にも、「人を操る」とあるが・・・云々と書いてある様子です。


営業マンの言葉遣いで言うところの
お客様の魅力に適うとか、気に入って頂ける、心に訴えるとかの言葉遣いを

メンタリストのお立場からの別建ての切り口で「人を操る」と書いてあると認識できましょうか・・・・


「禁断の文章術」とは、
禁断とは、行為の禁止となる意味ですが、

皆に教えると困っちゃうな・・・という出し惜しみ的な表現です。


以前にも紹介したご本に「企画はひと言」といった書物がありましたが、

基本的に根っこ スタートの位置が同じことなのかも知れません、


こちらの応用は、至って身近なものがあります。


タイトルからして鋭い切り口ではじまります。

口頭だと、聞いて貰えない、聞き流されることも多いなかでの、

文章・タイトルの切り口による伝達についてです。



文章であれば、繰り返し読んでくれたりもしますし、

相手にその文章からの気付きについて、確認したり追認したりすることができると、

その文章が切っ掛けなのにも関わらず、文章を読んだ方の自発的確認作業という意識がでできて、

この本の帯にあるように行動にスイッチが入るので、それをこちらのご本では、「たった1行で人は踊らされる」と書いてあるのです。



読んだ当人が、確認作業をすることで、その文章を共有していることになります。

相手さんが動いてくれるから、「人を操る」と危険な香りのタイトルとしているのです。



個々に ケースを紹介してくれています。

とても便利に書いてあります。

営業の範囲が、人の面談の後には、メールでやり取りや、添付データの企画書になることを考えると、


こちらの本に紹介されている 文章の基礎

文章というより、タイトル ヘッドコピーからの本文への導入のためのチェックリストなのかも知れません。



メールは思ったより 反応がなくても、時期を待っていて即商談とならないまでも、読んでくれていることがままあるようです。


その為にも、お得意が若い方もあるような営業であれば、会って話すことの努力よりも、メールで伝える努力の方が、

潜在顧客の層を厚くすることも可能ではないでしょうか・・・


この本は、
中高年の方には、自分のことだけで、相手のことを考えていないと捉えてしまうこともあるかも知れませんが、

そこ、それで ひとつの読み方です。


まずは、
カタカナの単語を和語に変えます。

例えば パワフルとあれば、力強いとか 強く訴えるとかと読みます。

そういったことでは、上から目線のものであれば、読み崩して、子供に諭すような話方に読み直してみます。


また、若い方には、「人を操る」という表現が、
実は自分たちオジサンにとっての「相手の方が共感を持って下さり、共有した情報から確認作業に動いて貰える、動議付けになっている」と読み込みます。


この翻訳作業がすんなりできるようになると、若い新人営業マンとの会話が幅を持って理解でき 指示についても一層の理解が深まるはずです。


この本を実践して文章というか、タイトル説得導入動議付けの技術がついたら、

先様と面談した時には、途切れ途切れに話すのではなく、

しっかりと説明ができ、受け答えができるようにして置きましょう。

 なかなかと面白く拝見いたしました。

ご興味を頂けましたか?
posted by a person at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本国憲法を執筆したのは、 「日本を統治した軍事管理組織が作った憲法」は言い過ぎ、でも「日本人の民意を含んでいて草案したものではない」

生活に変化があって、なかなか書きたいけれど、気ののらない日々が続いていました。

そんな折に、あまりにへそまがりなので、
暫らく封印していましたが、

最近の新聞がおかしいのか、世の中がおかしいのか・・・

ちょっとこんなことの雑感です。


----------------------
読売新聞より転載

「首相、今の憲法低く見ている」…岡田氏が批判
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150207-OYT1T50009.html

民主党の岡田代表は2月6日の記者会見で、安倍首相の憲法観について「今の憲法を非常に悪くというか、低く見ている。
『さげすんでいる』というと言い過ぎかもしれないが、そういう首相の下での憲法論議は非常に危ない」と批判した。

 首相が過去に「日本国憲法はGHQ(連合国軍総司令部)の素人が8日間で作り上げた代物」と発言した点を問題視し、
改正議論に容易に応じない考えを示したものだ。  / 読売新聞

----------------------
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015020702000127.html
----------------------
産経新聞
http://www.sankei.com/politics/news/150212/plt1502120006-n1.html
----------------------


1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝 単行本 – 1995/10
ベアテ・シロタ ゴードン Beate Sirota Gordon
1945年のクリスマス.jpg

22歳の女性がGHQ民政局のメンバーとして新憲法草案作成作業にあたり執筆した話の回想録。
ご本人はユダヤ人で、日本で生活していたことのある方。
憲法草案作成とあるが、日本政府は翻訳しただけだから、「日本国憲法を執筆した」が正しい表現。
ベアテ・シロタ・ゴードンとありますが、シロタは城田とか白田ではなくて、ユダヤ人としての名前です。

以前もご紹介していました。


従って現行の憲法には、日本の国として日本人の英知を注ぎ込んでいることではない。
韓国の憲法を日本で草案作って公布したらどうなるのかと所と品を変えて考えみてはどうかと思います。


ここは「いいね!」とある部分なら現行憲法の箇所まで潰す必要はないのだし、

そもそも2千年前の経典で現代の生活を規制している宗教国の状況に比較すれば、

「保守せんとすれば、改革せよ」で修正論議をしてしかるべきかと思います。


多数決で決するのが、ダメということなら 選挙そのものの意味がない。


他所の多数はダメで、自分のところの多数はいい と考えているなら政治家とは言えないし、
立法の行使がない政治で つまりは評論だけとなってしまいます。


およそ、独立した会社なら自前の社長がいます。
系列会社の子会社なら本社の部長が社長であったり、銀行からの出向だったりするでしょう。

憲法は国の法律や、行政についての基本をまとめて方向づけしているものなら、

講和条約後に自前の法律にするべきだったと考えるなら麻生太郎の御祖父ちゃんである吉田茂首相の責任であったかも知れません。


開戦時の東條内閣の閣僚であった岸信介首相も安全保障条約の改定で、やはり憲法については考えていたはずなんだろうと推察もできます。


岸信介/wikipedia
日韓国交回復[編集]
岸は首相退陣後も政界に強い影響力を保持し、日韓国交回復にも強く関与した。
時の韓国大統領朴正煕もまた満州国軍将校として満州国と関わりを持ったことがあり、岸は椎名悦三郎・瀬島龍三・笹川良一・児玉誉士夫らと満州人脈を形成した。
日韓国交回復後、岸・椎名・瀬島らと日韓協力委員会を組織する /wikipedia


基首相の岸信介は、先代の朴正煕大統領とは親交があった訳で、息女である朴 槿惠現大統領は、岸の孫である安倍晋三現内閣総理大臣とは知らぬ仲ではないはずですよね・・・・



さてベアテさんの憲法への関与ですが、

ベアテ・シロタ ゴードン Beate Sirota Gordon / wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3


「ベアテ・シロタさん 憲法草案について語る」





『「日本国憲法はGHQ(連合国軍総司令部)の素人が8日間で作り上げた代物」と発言した点を問題視し』とするなら

「そうではない、確かに8日間かもしれないが、人員には弁護士や学者に近い人もいた。
日本のことをどこまで理解して歴史や民族性を配慮して起草したかは不明ではあるが、世界に向けて新しい憲法の提案をした」
「しかし日本人の民意を含んでいて草案したものではない」がきちんとした反論です。


あなたはご自分の家のことについて、お隣から指図されて決めたいですか?

ちゃんと自分達で考えて、現憲法でもいいところは使うことで考えたらいいと思います。

「憲法改悪」との言葉遣いそのものが、情報操作です。
プロパガンダとしか言えません。


プロパガンダで思い出しました。

民主党の党首選挙でしたが、「リベラル勢力の結集」とか新聞に出ていました。

何年か前にもこのブログでご紹介しましたが、

米国の政治家で、「自分はリベラルだ」とか発言する人はありませんと米国政治史の本で読みました。


日本であてはめると「自分はハンサムだ」とか「自分は江戸っ子だ」というのと同じです。

つまり普通ではありえない。

江戸っ子は「江戸っ子だねえ〜」と評価されるものなのです。


ハンサムも同様ですよね、自分から「僕は二枚目」とか「僕ハンサムなんだ」と言う方がいたらひきませんか?

つまり、リベラルもハンサムも傍からの評価でしかないのです。

ハンサム勢力を結集してとなるならイタリア映画のパロディみたいなものです。


へそまがり的解釈をするなら、

「日本国憲法はGHQ(連合国軍総司令部)の素人が8日間で作り上げた代物」と発言は、

これ自体がリベラルな判断です。

憲法の発生過程と草案者に内容を吟味して

国際法や、近隣諸国の国家の成り立ち、国連への対応などを考慮して考えたらどうでしょうか・・・・

「日本を統治した軍事管理組織が作った憲法」ですよね・・

軍事政府の作った憲法でもあるわけですから・・・

中身に間違いないか、もっとよく調べて考えてみようとしてもいいのではないかと・・・・



そう言えば、「国連」ですが、

以下 転載
ホームページ #ja-jpニュース
安保理 身代金の支払い拒否求める決議      2014年1月28日 - 17:12:20

(NHK) 国連の安全保障理事会は、世界各地でテロリストが活動資金を調達するために、身代金目的の誘拐事件を引き起こしているとして、加盟国に対して身代金の支払いに応じないよう求める決議案を、全会一致で採択しました。
http://vovworld.vn/ja-jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E5%AE%89%E4%BF%9D%E7%90%86-%E8%BA%AB%E4%BB%A3%E9%87%91%E3%81%AE%E6%94%AF%E6%89%95%E3%81%84%E6%8B%92%E5%90%A6%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%8B%E6%B1%BA%E8%AD%B0/212675.vov   以上転載


日本人の誘拐事件で2名殺害されて痛ましい結果となりましたが、

「身代金を払え」と主張した国会議員さんは、安保理の全会一致の決議に違反することを明らかにして主張しているのでしょうか・・・・


実取引として身代金を支払しているケースは後を絶たないそうですが、「こっそり」内密にやっているのが政治家のとるべき態度で、

各国もそのようで運用もしているようです。

「身代金を払え」と主張した国会議員さんはリベラルなのでしょうか・・・・

最近の新聞を読んでいると とても疲れます。

ご興味を頂けましたか?続きを読む
posted by a person at 17:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Begin Again」はじまりのうた/Keira Knightley

音楽や映画鑑賞と読書など、ご紹介していました。

生活に変化があって、なかなか書きたいけれど、気ののらない日々が続いていました。

そんな折に、ちょっとご紹介です。
今、公開している映画の音楽です。

キーラ・ナイトレイ はじまりのうた
「Begin Again」
begin again.png

「プライドと偏見」からお世話になっているキーラ・ナイトレイさんです。
公開したばかりみたいですかね・・・・

まだ観ていませんが、面白そうなので、ちょっとご紹介です。

-begin-again-.jpg

映画「ジャケット」とかいろいろな作風の映画でお目に掛かっています。

皆さん俳優さんも歌いが多くなっています。
ヒュー・グラントさんも歌っていますし、Milla Jovovichさんも歌っているしと
俳優さんも歌うことの多いような最近です。


「Begin Again」


Keira Knightley - Tell Me If You Wanna Go Home (Begin Again Soundtrack)


Keira Knightley performing "Tell Me If You Wanna Go Home" from the Original Motion Picture Soundtrack Begin Again, now available

Keira Knightley - Like A Fool (Begin Again Soundtrack)


onceの監督さんですね・・・

ご興味を頂けましたか?

中々と役に立ちそうもない事柄ばかりなのに興味深くしている次第となっています。

本日もご無礼しました。


こちらは参考までです。
「Satellite of Love」で集めてみようと思ったらMilla Jovovichさんもやっていたんです。

Milla Jovovich - Satellite of Love


オリジナルの「Satellite of Love」1972年
Lou Reed - Satellite Of Love


前出の「ジャケット」
「The Jacket」Trailer


意味深な映画でしたね・・・

では、また
posted by a person at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。