2014年11月25日

この森で天使はバスを降りた / The Spitfire Grill

米国映画です。
こんな映画も作っているんだなと・・・
興行成績あんまりよくないから、次回作の予算取れるのかしらといった感じです。

この森で天使はバスを降りた / The Spitfire Grill

この森で、天使はバスを降りた.jpg


The Spitfire Grill Trailer





spitfire
1 かんしゃくもち、(特に女の)短気者
2 火を吐くもの(火山・大砲など)
3 スピットファイア -戦闘機- 第二次世界大戦中の英国の戦闘機

spitfire girl2.jpg

癇癪持ちのばあさんのやっているグリル(定食屋)に刑務所を出所したまだ二十歳過ぎの女性がやってくるお話。

邦題は、「この森で天使はバスを降りた」となっていてわかりやすいのかも・・・
spitfire.jpg
映画のDVDを購入しようと思っていたら愚妻がストーリーを垣間見て、「最後はどうなるの?」といつもの質問に
「この森で天使はバスを降りた」を見て察知していました。

普段からうちの愚夫は「暗い映画が好きだから・・・」とのこと。

米国映画にある、「幸せ、幸せ」みたいな感じでもなく、

心にしっとりした残るものがあっていい感じの映画でした。

spitfire girl.jpg
中古のレンタル落ちのDVDなら10円+送料で400円でもお釣りがあったので お得感あって直ぐ購入の手続きしてしまいました。


ではこちらは、日本語字幕の全編です。

映画 この森で天使はバスを降りた(日本語字幕) The Spitfire Grill


映画「THE SPITFIRE GRILL」(この森で、天使はバスを降りた)字幕


所謂青春の時代を刑務所で過ごしているので、実生活を知りません、
酒場に入ったこともないので、二の足踏んでいたりしているみたいに見えました。

つまり15歳から二十歳過ぎまでの社会生活の経験のない少女のまま大人になっているのだと思います。

精神は無垢なところと刑務所で覚えた若干のアルコールと煙草でしょうか・・・・
ビールくらいは飲めるのかと・・・

でも料理なんかしたことないし、洗濯だって見様見まねなんだと思います。


読書はよくしているようなので、判断力や知性があると思います。

刑務所で、深夜における苦悶や叫び声のある中で自分なりの読書の勉強をしていますが、精神環境は歓迎できないところで過ごしていた服役期間です。

まだ家庭環境、事件の環境からも家族とは関係を持てずにいるので、新しい生活の地を選んでいます。


中卒の女の子が、事件により服役して、刑務所での生活環境で育ち、少女の無垢さと大人への生活を経験しないまま、

社会に出ているギャップがあります。

単なる世間知らずと違った環境に、邦題にある「天使」を持っていることを知る映画だと思います。


音楽がとても良くて、印象に残るいい映画だと思います。



癇癪持ちの婆さんがとても上手くて、原題を表現できています。

刑務所生活からか、心の無垢さからか、自然を愛する気持ちがとてもいい感じの映画です。

こんな生活もありかなと・・・思う映画でした。


The Spitfire Grill

The Spitfire Grill




9000マイルの約束 字幕

posted by a person at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

全編、日曜日の歌です。

全部、日曜日の歌です。


Gloomy sunday


Gloomy Sunday - Sarah McLachlan


TUNES OF DAWN - Gloomy Sunday


Budapest Bár - Szomorú Vasárnap


Hernádi Judit - Szomorú vasárnap


Zorall - Szomorú vasárnap


Köteles István - Szomorú Vasárnap - Gloomy Sunday


Bárzongorista Verseny - ifj. Ökrös Ottó - Szomorú vasárnap


Leander - Szomorú vasárnap


前にも特集しましたね・・・
新しい歌曲も入っています。
ラベル:暗い日曜日
posted by a person at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

ファニア歌いなさい Playing for Time / Vanessa Redgrave - Fania Fénelon

音楽や映画鑑賞と読書など、ご紹介していました。

「全ての世代は…いずれ一種の秘密結社と化す宿命にあり、
時代特有の考え方や利害関係は同時代人にはパスワードのように自明なのに、
代が変われば意味不明になってしまう」

実話を基にしているアウシュビッツのお話です。

可なりリアルです。
体験者があると記録に残ります。
その実例です。

ヴァネッサ・レッドグレイヴの主演です。
Vanessa Redgrave

ファニア歌いなさい
Playing for Time


解説
 1942年、パリのナイトクラブで歌っていた人気歌手ファニアは、父がユダヤ人であったため、ナチスに捕らえられアウシュビッツへと送られる。
そこは想像を絶する苛酷な死の収容所であったが、音楽の才能を買われたファニアは囚人で構成された楽団へ入る事を認められる。その楽団は、マーラーの姪で楽団のリーダーを務める指揮者アルマの努力にも関わらず、素人編成の域を出ていなかった。

だが、ファニアの加入によって楽団は少しずつ進歩し始める。
やがて、生き抜くためには、処刑を免れるためには、ナチスの幹部連中の御機嫌を取り続けなければならないと考えるアルマと、自分のために歌うというファニアは度々衝突する。

一方、ファニアの友人であるマリアンヌはドイツ人に肉体を売る事で飢えをしのいでいた。

人間の尊厳を簡単に失わせる地獄のような日々が延々と続く中、ドイツ軍慰問の命を受けたアルマが釈放される事が決定した……

アウシュビッツの生存者、ファニア・フェネロンの手記を基に、A・ミラーが脚色、D・マンが演出したTVムービーの力作。

淡々と、しかし力強いそのタッチと、張り詰められた緊張感の維持が素晴らしい。
ファニアに扮したレッドグレーヴ、アルマに扮したアレクサンダー、共に圧倒的な存在感を見せ、その年のエミー賞に輝いている。転載記事



Playing For Time (1980) Fania Fénelon



同時代人にはパスワードのように自明であっても、既に意味不明にってしまいそうです。

中々と役に立ちそうもない事柄ばかりなのに興味深くしている次第となっています。





Vanessa Redgrave
Vanessa Redgrave ISADORA, 1968.jpg

Vanessa Redgrave
Vanessa Redgrave 1.jpg


Vanessa Redgrave
wpredgravevanessa01.jpg

Vanessa Redgrave
redgraveblowup_2.jpg

posted by a person at 17:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Flashmob と集団行動です。それに歌も・・・

「全ての世代は…いずれ一種の秘密結社と化す宿命にあり、
時代特有の考え方や利害関係は同時代人にはパスワードのように自明なのに、
代が変われば意味不明になってしまう」

今回は歌と踊り?・・踊りというより組行動の様式ですが・・・

まずは歌から

I DREAMED A DREAM - Hayley Westenra



I Dreamed A Dream Performed by Anne Hathaway



Som Sabadell flashmob - BANCO SABADELL


Flashmob
Paris North station


こちらは集団の行動様式です。

集団行動
Japanese Precision


集団行動 女子


集団行動 Japanese precision



同時代人にはパスワードのように自明であっても、意味不明にってしまいそうです。


中々と役に立ちそうもない事柄ばかりなのに興味深くしている次第となっています。
またのご相伴をお願い申し上げます。
posted by a person at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そもそも「スターリン」とはロシア読みとなるなら・・・・

「全ての世代は…いずれ一種の秘密結社と化す宿命にあり、
時代特有の考え方や利害関係は同時代人にはパスワードのように自明なのに、
代が変われば意味不明になってしまう」

スターリンはジョージア人、「グルジア人」とは?
といったことでのお話です。

グルジアとジョージアが最近の話題にもあります。
参考 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42020

スターリンはジョージア人と呼ぶと、カーター元米国大統領の親戚みたいで、違和感があります。

国名としての自称は、「サカルトヴェロ」となっているようなので、本来的には、サカルトヴェロ人とかサカルトヴェロ語でしょうか・・・・
グルジア読みで、サカルトヴェロ語と言われてみてもピンとこないし・・・

とこんなお話をしていました。

そもそも「スターリン」とはロシア読みとなるなら・・・・

Stalin     英語
სტალინი    グルジア語
Сталин  ロシア語
stalini     アルバニア語
Staline     フランス語
スターリン   日本語
스탈린     朝鮮語

同時代人にはパスワードのように自明であっても、意味不明にってしまいそうです。

毛沢東は何て読むの?


中々と役に立ちそうもない事柄ばかりなのに興味深くしている次第となっています。
posted by a person at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

ドイツで開催された1903年「世界の国歌コンテスト」で最優秀賞を受賞のニュースソースを探して・・・

君が代の追伸です。
前出の日本の国歌です。
こんな記事を参考にしました。
まだニュースソースには至っていませんが、ネット上での根拠のないことではないことの確信を深めました。

鹿島神宮
http://kashimajingu.jp/

さざれ石
さざれ石の由来
さざれ石(石灰質角礫岩)は石灰石が長い年月の間に雨水で溶解とその粘着力の強い乳状液が次第に小石と凝結し段々と大きくなり、ついには巌となり河川の浸食により地表に露出し苔むしたものであります。

国家「君が代」は天皇の御代の弥栄をさざれ石に託して詠んだ歌がもととなっており、天皇の大御代が千代に八千代に年を経てさざれ石の巌となりて苔のむすまで永く久しく栄えますようにという祈りの込められた歌であります。

古今和歌集巻七賀歌に題知らず詩人知らずの歌として「わが君は千代に八千代に細れ石の巌となりて苔のむすまで」とあります。

「君が代」は神事や宴席で最後に歌われる祝歌として各地に広がり浄瑠璃や謡曲にも取り入れられ朝廷から一般庶民に到るまで全国津々浦々で歌われる歌となって行きました。

「君が代」は明治二十六年日本国家に制定され大正時代ニューヨークで開催された世界の国家コンクールで特等となりました。                          (案内板より)

http://kaycomdesign.com/column/japan/011/
http://izumi927.exblog.jp/16875626/

いつ建てられている石碑なのかは、まだわかりません。
何も根拠もなく神社で石碑に刻むこともないように思います。


こちらは、米国CIAのサイトです。
君が代は世界最古の歌詞であると紹介しています。

https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/fields/print_2218.html
https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/ja.html


こちらもどうぞ、
http://www.experts123.com/q/what-is-the-best-national-anthem.html

   Q:      What is the best national anthem?
   1 Answer   whereas "Kimigayo" won first prize at a 1903
"World National Anthem Contest" also held in Germany.
         「君が代」もドイツで開催された1903年「世界の国歌コンテスト」で最優秀賞を受賞した


こちらもどうぞ、
archive-info.com
Web directory, archive
http://archive-info.com/info/n/nationalanthems.info/2012-11-26_754171_55/Zimbabwe_nationalanthems_info/

Kimigayo won first prize at a 1903 World National Anthem Contest also held in Germany


「君が代」はまた、ドイツで開催された1903年「世界の国歌コンテスト」で最優秀賞を受賞しました と記載されてます。

こちらもどうぞ、

Directory of Canadian web sites
http://www.masterliness.com/

http://www.masterliness.com/a/Kimi.Ga.Yo.htm

Incidentally, Kimi Ga Yo won first prize at the "World National Anthem Contest" held in Germany in 1903 has the latest occurring solstices and equinoxes for 400 years, because the Gregorian calendar hasn't had a leap year for seven years or a century leap year since 1600. Events January 1 Edward VII of the United Kingdom is proclaimed Emperor of India.
http://www.masterliness.com/a/Kimi.Ga.Yo.htm



こちらもどうぞ、

アカデミックキッズ/academickids.com
http://academickids.com/encyclopedia/index.php/Main_Page

http://academickids.com/encyclopedia/index.php/Kimi_Ga_Yo

Kimi Ga Yo
Incidentally, Kimi Ga Yo won first prize at the "World National Anthem Contest" held in Germany in 1903.



世界のサイトで掲載されているので、どこかにニュースソースがあるはずです。
専門サイトのニュースソースは、ネットでちょっと調べて掲載するものでもないように思いますが・・・・
元となった文文献がどこかにあるはずだと思います。

ご興味を頂けましたか?
中々と役に立ちそうもない事柄ばかりなのに興味深くしている次第となっています。


こちらもご参考まで。
平成24年2月11日 建国記念の日に開催された第四回国護り演説大会。
演説大会 9-6 星野薫さん





カール・ベーム指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
「君が代」
posted by a person at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

臼井 由紀さんの著作 「できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか?」

音楽や映画鑑賞と読書など、ご紹介していました。

「できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか?」
臼井 由紀さんの著作 翔泳社刊

本屋で待ち合わせ.jpg


副題で「このひと工夫が一流の人生を作る」とあります。

「一流の人生」とは? と考えてしまいましたが・・・・

このひと工夫が人生を・・ 人生においての糧としての仕事を・・・
ちょっとすることで楽しめるそのセンスと秘訣といったところだと思います。

「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」と紹介もしていましたので、

こちらの著作にある「ちょっとした工夫」は大賛成です。

「行列のできる人気店の評価は、あなた自身で付けよう」とかと書いてあります。

全く、その通りです。

「いい」と思ったものものは、自分で確かめて確認してとは、基本だと思っています。
それがちゃんと書いてある、とっても嬉しい感じ・・・・


保険を掛けるとか、限の悪い処でも終わらせるとか、「その通りです!!」
「賛成!!」

限の悪いとこで終わらせると、マイナス点 凹みのところからスタートするので、
まずその部分にフォーカスすることでスタートしますから、結構いい仕上がりがあることが多いいと思います。
だから「賛成!!」

でも、廻りの人からは、「中途半端で放ったらかして帰宅した」と指摘されたり、上司から小言を言われたりしてしまうのです。

下手に、説明などしようものなら、「言い訳ばかり言いやがって」と語気が倍増して荒くなって返ってきます。

今度は、「この書籍を参考にして下さいね・・」と抗弁できます。

自分で考えた工夫でも、廻りに理解がないと疲れます・・・

こちらのブログでもいろいろと書いていましたが、
「新聞は2〜3日して読む」とか書いていました。
ニュースの視点が違ってくるからです。

この臼井さんのご本も同様な視点で日常の細々したことを体得した工夫や視点をまとめて書いてくれています。

「本屋で情報を掴む」とあるのは、へそまがりな視点で言えば、
「新聞の雑誌広告にある見出しを拾うことで、ニュースのその後の展開や、新聞に掲載されない事件や事実、流行り廃りが、洞察できる」となります。

「人の褌で、相撲をとるのが、賢い仕事術」とありましたが、

そのままその人に相撲を取らせて差し上げたい気持ちもあります。
パクる、真似るとするのが、言い方からしても
「勉強して「とか「踏襲する」とか「二次利用する」とか表現の問題かとおもいますが、

つまりは廻りをよくみて勉強することなのです。

いいと思ったら、勉強する。 勉強とは真似ることなのです。

また、今やっていることを、疑ってみるというスタンスです。

たくさんのいいフレーズやセンテンスがちりばめられていると思うのです。

ご自分の手帳にメモして読み返す言葉を作って下さい。

わたしは自分の営業時代には、手帳に「いいな!」と思った言葉をメモしていて、
手帳を開くたびに目にとめているようにしていました。

気が付くとお客さんとの会話の中でよくそのフレーズも使っていたようです。

結果的には、自分の所属する営業マンが耳にタコして復唱していましたので・・・・

あんまり細かく書くとネタバレみたいなってしまうので、端折った節々でご参考下さい。

小さな役立つ工夫がたくさん入っています。


ご興味を頂けましたか?
中々と役に立ちそうもない事柄ばかりなのに興味深くしている次第となっています。

「できる人はなぜ、本屋で待ち合わせをするのか?」
posted by a person at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

「制度」がある限り、承諾書、証明書、戸籍謄本など各種書類の提出となります。

「全ての世代は…いずれ一種の秘密結社と化す宿命にあり、
 時代特有の考え方や利害関係は同時代人にはパスワードのように自明なのに、代が変われば意味不明になってしまう。
 その時代の背景や事情を知りたい。
 東條、ヒトラー、スターリン、ルーズベルト、天皇。
 私は、このなかの誰も憎いと思わないし、怪物ですら憎いとは思っていない。
 私は、裁判官でもなければ、平気で不公平な評価を下す歴史の語りべにもなりたくない。
 私は、ある政治的意見を弁護するわけでもなければ、それを攻撃しようとするわけでもない。
 私は、ただ 物事を素直に見たいだけだ。
 人間とそれを動かす様々な情熱、理性的、あるいは偏った狂信的な思想、強迫観念、偏見、
 そして歴史とそれを動かす必然性、不条理な偶然や様々な潮流、それらの無限なからみあい。
 それら全て、つまり世界全体を可能な限り全力を尽くして観察し、認識したいのだ」

 ・・・とドイツ人作家のお話も紹介していたと思います。

お役所に必要な書類とは、

一昨日ですが、裁判所で縁故者の手続きのために、
お役所廻りをする必要がありました。


本籍地の区役所、住民登録のある区役所、法務局、そして裁判所へと不足と確認書類の提出を求められていたのです。


東京に本籍があっても、本籍地と住居のある住民票の区役所は別窓口ですし、
縁故者ですから、関連の事項を証明するため自己の本籍と
まあ、住民票や戸籍謄本もと各々複数で証明となります。

こちらは、神奈川県民ですから、証明書類も持参の必要があります。

当然お役所ですから、印鑑も必要、

本人確認の身分証も携帯していなければ、なりません。


少なくとも4箇所のお役所を行ったり来たりした1日でした。
そして
やっと提出が終わる。

翌日、裁判所の事務官より連絡があって、戸籍謄本の事項不足があるとのこと。


電話で依頼があったのは、関連付けのわかるものとのことだったので、手書きされている古いものを発行してもらったら、

現在戸籍の証明がまだ必要とのこと。

再度取り直しです。

インターネットでの申請もでき、キャッシュディスペンサーみたいな発行機器でも各種の証明がとれる時代になりましたが、

過去に遡って証明書類ともなれば、窓口で確認する必要があります。

それでも、使い道の理由を話して書類を作っていても、裁判所と区役所では、必要事項についての認識に差がありますから、

「戸籍謄本の事項不足がある」となってもうたいへんです。


お役所なので、安全な書式として必要はわかりますし、様々な事件の経験からの経験値による必要性であると思います。


結局は、民生の安全と保全のために必要な事務手続きだと思います。


そんなところで、こんな新聞記事に、「古の身振り手振り」を痛感至ました次第です。


以下、産経新聞【東京特派員】

http://www.sankei.com/column/news/141111/clm1411110010-n1.html

抜粋----------  「元警察官らから戦地での体験を記録していた」
 満州国奉天省海城県警察で慰安婦を扱った元経済保安股(課)長は、
「殆ど朝鮮の人だったが、戸籍謄本と医者の健康診断書、それと親の承諾書、本人の写真、そして許可申請を一括して私の所に持って来る訳です。
ですから、強制連行とか、さらって来たなんて云うものではない。
何でさらわれて来た者に親の承諾書や戸籍謄本がついてるのか」と語った。-----------抜粋

承諾書、証明書、戸籍謄本など各種書類の提出とありますが、
現在の私達と何ら変わりはありません。


公娼制度という「制度」がある限り、決まった書類を提出しなければならないことを説明しています。
公娼という制度によって身分を守られていることを示しています。


ある意味、現在では公娼の制度がないだけ、従事している女性は身分や健康を保障されていないことになります。

公娼の是非についてではなく、身分を保証されずに働いている方は ひとつの権利を喪失している状況であると言えるのかもしれません。



他にも
『歩兵第216連隊第3大隊本部付陸軍主計軍曹の話では、朝鮮人の斡旋業者が人を介して接近してきた。
この軍曹は「大隊の関与は建物の建設と軍医による性病検診、利用規則を作ることだった」と述べる』

とありますが、「利用規則を作る」とありますから、保護されていたと考えよいのではないでしょうか・・・


戦記関連の書物をたくさん読んでいると自ずと理解してひとつの常識として知識されますから、
言葉や行動の端々で理解していたことを確認できます。

米軍の占領下に入ることで、米軍用の慰安所を作るため政府から業者に依頼したこともあったことも昭和史の本で読んだ記憶があります。
新聞記事の広告のコピーが掲載されていました。



「歴史を知るというのは、古の手ぶり口ぶりが、見えたり聞こえたりするような、想像上の経験をいうのです」

こんなことで、書類のないことはない 書類がないと「制度」の元で働いているお役所陸軍を彷彿次第でした。
posted by a person at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

「世界の国歌コンテスト1903年」で最優秀賞を受賞した「君が代」です。

君が代です。
日本の国歌です。

優秀賞を得ている素晴らし国家だと記事がいろいろ掲載ありますが、ニュースソースが特定できていません。
そこで、海外のサイトからの引用です。

nationalanthems.infoのご紹介です。
title.jpg
このウェブサイトは、400以上の過去と現在の国歌だけでなく、他のエンティティの国歌にいくつかの背景を与えるために作成されています。
このサイトの主な目的は、インターネット上の国歌情報に関する最も包括的なソースを提供することです。

http://www.nationalanthems.info/faq.html#2.4
nationalanthems.info

What is the best national anthem?
This is a very subjective thing to judge, and pretty much hinges on how you define “best”. (You may have seen in magazines or websites where they list, for example, “The Ten Best Songs of Rock and Roll”, and you would inevitably disagree with their picks (or each list has different picks), mainly because it depends on personal taste.) It was reported that China was honoured with the “world’s best anthem” at the 1936 Olympic Games in Berlin, Germany, whereas “Kimigayo” won first prize at a 1903 “World National Anthem Contest” also held in Germany. However, nothing is said in either case of how these conclusions were arrived at and what criterion were used in these judgements. Some good criterion for what makes an anthem good are that it should be stirring and simple, while encapulating how natives and the world view the country, as well as easy to sing. Nations such as Gibraltar, Canada, Germany, and Israel all fit this description. Keep in mind, that this is a very unscientific and somewhat arbitrary answer to a hard-to-answer question. The best answer to what the “best” national anthem is, of course, is the one held most dear by the listener.

「君が代」はまた、ドイツで開催された1903年「世界の国歌コンテスト」で最優秀賞を受賞しました と記載されてます。

先般のレファレンスサービスでの調査では、「にっぽん賛歌」に記事が掲載されているが、所蔵していないと返答があったので、購入してみました。

50頁に記載がありましたが、講談文庫「日本の唱歌」からの引用で1903年「世界の国歌コンテスト」で最優秀賞との聞き書きみたいに引いてあるだけでした。

まだまだ調査が必要ですが、外国のサイトでも記載があるので、ニュースソースがあるはずだと思います。
文部省への問い合わせしたこともありますが、返答がないままです。

たまたまですが、こんなこともありました。コンテスト10位?
ちなみにこちらでは、10位です。
Top 10 Best National Anthems in the World (2013 Edition)



ご興味を頂けましたか?
中々と役に立ちそうもない事柄ばかりなのに興味深くしている次第となっています。
posted by a person at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

「歴史はすべて現代史である」だから「歴史を知るというのは、古の手ぶり口ぶりが、見えたり聞こえたりするような、想像上の経験をいうのです」 小林秀雄さん

音楽や映画鑑賞と読書など、ご紹介していました。


「全ての世代は…いずれ一種の秘密結社と化す宿命にあり、
 時代特有の考え方や利害関係は同時代人にはパスワードのように自明なのに、代が変われば意味不明になってしまう。
 その時代の背景や事情を知りたい。
 東條、ヒトラー、スターリン、ルーズベルト、天皇。
 私は、このなかの誰も憎いと思わないし、怪物ですら憎いとは思っていない。
 私は、裁判官でもなければ、平気で不公平な評価を下す歴史の語りべにもなりたくない。
 私は、ある政治的意見を弁護するわけでもなければ、それを攻撃しようとするわけでもない。
 私は、ただ 物事を素直に見たいだけだ。
 人間とそれを動かす様々な情熱、理性的、あるいは偏った狂信的な思想、強迫観念、偏見、
 そして歴史とそれを動かす必然性、不条理な偶然や様々な潮流、それらの無限なからみあい。
 それら全て、つまり世界全体を可能な限り全力を尽くして観察し、認識したいのだ」

 ・・・とドイツ人作家のお話も紹介していたと思います。


この文句、文章をいつも掲載しています。
この意味合い熱意をいろいろな言葉で言い表している言葉に出会ったようなのが、本日の掲載記事です。

小林秀雄 「学生との対話」からです。
  学生との対話 小林秀雄.jpg


講義 「文学の雑感」から

以下は、抜き書きです。



  今の歴史というのは、正しく調べることになってしまった。 いけないことです。

  そうではないのです、歴史は上手に「思い出す」ことなのです。
 
  歴史を知るというのは、古の手ぶり口ぶりが、見えたり聞こえたりするような、想像上の経験をいうのです。

  織田信長が、天正十年に本能寺で自害したということを知るのは、歴史の知識にすぎないが、
  信長の生き生きとした人柄が心に想い浮かぶという事は、歴史の経験である。

  -略- 

  古に関する知識を得たのではない。 
  古の口ぶり、手ぶりがまざまざと目に見えるようになった。そこまで行った人なのです。
 
  これを本当に歴史を知るということです。

  -略-
 
  「歴史はすべて現代史である」とクローチェが言ったのは本当のことなのです。

  なぜなら、諸君の現在の心の中に生きなければ歴史ではないからです。
  それは、史料の中にあるのではない。

  諸君の心の中にあるのだから、歴史をよく知るという事は、諸君が自分自身をよく知るということと全く同じことなのです。





こんな感じです。
我が意を得たりとした感がありました。

1945年のドイツとか、アウシュビッツの収容所のこととか
そこに居合わせた人の「手ぶり口ぶりが、見えたり聞こえたりするような、想像上の経験」がわかること知りたいことがテーマとなっているのだと思います。

アウシュビッツ収容所に赴くにあたって、食卓に温かいスープがそのままになっている家、明日の朝連行される人の荷造り、

それを見ているご近所知人友人、食卓に温かいスープが残された家で、そのままその食卓で平然と食べる近所の住人など・・


どこに行くのも「歩兵」歩いて行進している日本陸軍で「慰安婦狩り」など在り様もないことです。

当時の軍政・軍制で、民業としての慰安婦の業者があって、民業を圧迫することなど当時から政府としての軍政でも考えられません。

些事に成り立っている制度政策からして 事実と違うことを常識として判断できます。

毎日の日報を書くことは営業マンに限ったことではありません。

日々の業務を日報にして上級司令部へ提出するのが、組織です。

その中隊事務をすることに興味があります。

日本陸軍と英国陸軍の違い その歴史 映画 Parade's End パレーズ・エンドで主人公の中隊事務も

一昨日紹介の「拝啓天皇陛下様」の中隊事務も比較して興味深かったですね・・・・


膨大な事務処理に病してしまう准尉さんなどは兵卒からの叩き上げでベテラン中ベテランのはずですから、
作者の見聞きした当時は動員で事務がごった返していたのだと推察できます。

准尉のご自宅も「貧乏少尉、やりくり中尉、やっとこ大尉」もそのままでしたね・・

当時でも慰安婦なら准尉の5〜10倍の収入があったはずです。

話が藪から棒になりましたね・・・




「歴史を知るというのは、古の手ぶり口ぶりが、見えたり聞こえたりするような、想像上の経験をいうのです」


「想像上の経験」とは、

「単なる想像だろ・・!!」とは違います。


些事から構成された、常識としての考察による推論です。
「歴史はすべて現代史である」とあるなれば、

現在進行形での考察です。

慰安婦の例で恐縮ですが、

自分が200人の中隊での中隊長だとしてみたら?

200人全員で出かけると駐屯地に誰もいないのも困る。

何人でどこへ、どうやって行くのか・・・
誰が、いつ、どこに、どうやって、何をと命令して書類にして、帰営すれば報告書を部下から提出させ、
まとめたものにして上級司令部へ提出することになります。


別段、慰安婦の話を書きたいことではなく、

その歴史についての判断力が得られることの興味として書いています。



それが、終戦後の特攻攻撃の宇垣司令官のことなのか、自決した大西次長のことなのか、



玉音放送の録音盤を奪うために決起した青年将校は、文書命令が必要だったので、
森師団長に分子よ命令を強要して、断られたので師団長を殺害して偽の命令書を作成して部隊を動員しています。

決起部隊は、書類がないと終戦の玉音放送阻止のためのクーデターもできないのです。
日本陸軍は、全て書類で動いているのです。

話が藪から棒になりましたね・・・

歴史は上手に「思い出す」こと
歴史はすべて現代史である
歴史を知るというのは、古の手ぶり口ぶりが、見えたり聞こえたりするような、想像上の経験をいう

こんなことからのお話でした、話が藪から棒になりましたので、ここで読み切りと致しました。、



お楽しみ頂けましたか?
中々と役に立ちそうもない事柄ばかりなのに興味深くしている次第となっています。
posted by a person at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。